【WordPress案件】受注から納品までの流れ(記録)

WEB制作

初めに

WordPressの案件をいくつか受けてきたので、受注から納品までの流れを忘れないように、記録しておきます(自分のための記録なのでためになるかわかりません笑)

あと、この記事はクライアントがWordPress環境を持ってない場合を想定してますので、そこら辺を認識していただいて読み進んでいただけると幸いです。

WordPress受注から納品までの流れ

①ローカル環境を作成

まず初めに、ローカルでWordPress環境を作成します。

これは「local-by-flywheel」ってのを使えば簡単にできるのでOK

わからない方は以下を参照↓

超簡単にローカル環境が構築できるLocalbyFlywheelの使い方
Local by Flywheel(ローカルバイフライホイール)とは、簡単にWorpdressサイトを構築できる、ローカル環境構築ツールである。 プログラムのコードが書けない人や、コマンドを理解できない人でも簡単にインス

②デモサイト作成

自分のサーバーを使ってサブディレクトリにWordPressを簡単インストールします。

僕はXserverでサーバーをレンタルしているので、そこからWordPressを簡単にインストールしました。このデモサイトで、クライアントに修正点などを確認してもらいます。

サブディレクトリ(https://example.com/〇〇)でドメインをとれば、無料でできたので、最高ですね。

③All-in-One-WP-Migrationでデモサイトに反映

ローカルに作ったWordPress環境をAll-in-One-WP-Migrationプラグインを使って、②で作ったデモサイトにそのままぶち込みます。

④クライアントに提出・修正

デモサイトを確認してもらい修正点などあればここで修正。

⑤本番環境にアップロード

クライアントが用意したWordPress環境。もしくは、こちらで代行したWordPress環境の本番環境にデモサイトをそのままAll-in-One-WP-Migrationプラグインでぶち込みます。

⑥操作方法などレクチャー

基本的にWordPressの操作方法がわからなければ操作方法を簡単にレクチャーします。

WordPress操作方法は書籍を1冊プレゼントって感じでやることもいいかなと思ってます。

おすすめの書籍↓

⑦運用サポート

案件の金額によりますが、最低でも2週間、最長で1ヶ月くらい、アフターフォローの運用サポートをしています。これがあった方がクライアントも安心だと思います。

まとめ

以上です。今回はWordPress案件、受注から納品までの流れを説明してきましたが、僕の記録用の記事になってしまったので為になるかわかりません笑。でも少しでも為になったら嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました